知れば本を読みたくなる!実は魅力的な読書をすると得られる5つの効果

読書って、向き不向きがありますよね、本が好きな人は出来る限り読書をしていたいと思いますし、読書が苦手だ…という人は本を開くだけでも眠気が出てくる人もいると思います。確かに読書が苦手な人にとって、たくさんの文字が並んでいるページを見ると、読むのも億劫になってしまいますよね。

しかし、読書にはたくさんの効果があるってご存知でしたか?読書にはたくさんの魅力的な効果があり、毎日楽しく過ごすためのヒントを見付ける場合もあるのです。そのため、読書の効果を知れば読書が苦手な人も少しは読書をしてみようかな…と読書に対して興味を持てるだけでなく、新たな刺激や発見を見付けることが出来るかもしれません!

そこで今回は知れば知るほど本を読みたくなる、魅力的な読書の効果について大注目。本の魅力だけでなく、読書自体の魅力や効果も知れば読書に対しての苦手意識もなくなってくると思うので、是非チェックしてみましょう。

語彙力を高められる

読書をして得られる代表的な効果と言えば、語彙力が得られることですよね!最近語彙力については、色々な場面で注目をされているので、出来れば語彙力を上げていき、素敵な言い回しや言葉使いが出来るようになりたいなぁなんて思っていた人も多いのではないでしょうか?

言い回しや言葉遣いが綺麗な人やたくさんの言葉を知っている人は、とても魅力的ですよね。日本語は奥が深すぎるあまりに、なかなか全てを知るのは難しく、それについて残念に思う場面も生きている中で必ず出てきてしまいます。

読書をすれば自然と文章を楽しみながらも語彙力を高められるので、日頃使える言葉のレパートリーも増えて、会話も楽しく人付き合いにも積極的になれますよ。
また、会話だけでなく文章を書く能力も身に付けられます。誰かに送るメールや手紙などは、心を込めたい、楽しく盛り上げられる文章を書きたいと思いますよね。そんな人を惹きつけられる文章を書けるようにもなるので、自分に自信をつけることが出来るのです。

自分とは違う考えに触れることが出来る

読書の魅力的な効果の中には、自分とは違う考えや価値観に触れられるというものがあります。色々と経験をし、生きていくと、自分の考えだけではどうしようもなく行き詰まってしまうことってありますよね。時には自分の考えだけでは解決出来ない場面に直面してしまい、途方に暮れてしまう時もあります。

そんな時、もし自分の視野が広ければ、考えがもっとたくさんあればと思ったことはありませんか?読書をすれば、本の著者、登場人物などの考えや価値観に触れられるので、自分の視野を広く持てるようになるのです!

例えば何か悩んだ時にでも、たくさんの考えがあれば悩みを解決するのも早くなりますよね。つまり読書は、悩みやトラブルに直面した時の自分を助けてくれる頼もしい存在ともなるのです。

人付き合いが上手になる

読書をすれば人付き合いが上手になる、コミュニケーション能力をアップさせる効果が得られると聞きませんか?一見、読書は一人で行うものなので、人付き合いとは関係ないじゃないか、と思ってしまいますよね。しかし、一人で出来るコミュニケーション能力をアップさせる方法と考えてみると、人付き合いが上手くなりたい人にとってはとても魅力的に映るかと思います。

何故読書をすると人付き合いが上手くなるかというと、知識が増えるので話題の引き出しも増えていき、会話を盛り上げられるようになっていくからです。さらに小説を読めば視野も価値観も広がるので、人の思いを汲み取れるようになるため、頼もしい存在にもなっていくのです!

なかなか人付き合いをしていく中で話題を提供したり、盛り上げたりするのって難しいものですよね。しかしそんな悩みも読書をすれば解決出来ると思うと、本の楽しさだけでなく読書の楽しさも感じて、さらに読書に対してのモチベーションも上がってくると思います。

ストレス解消に繋がる

読書が好きな人は、本を読むと本の世界へと入り込んだ気がして心地良い気分になれる…と言う人はたくさんいます。実際本が好きな理由が、たくさんの世界を冒険出来るから好きだという人もいるのではないでしょうか。

何かに没頭出来ると、その瞬間だけ今まで悩んでいた悩みや考えから逃避することが出来ます。悩みなどに縛られ続けてしまうのはストレスの元になるため、読書をして様々な世界に擬似的にでも冒険するだけでも大きなストレス解消へと繋がっていくのです。

読書が苦手な人は、難しい本や流行りの本よりも、子供向けの本などから読書を始めてみるとオススメ。著者によって書き方が全く異なるので、そこを意識して本を選んでみると、今までの読書に対するイメージがガラリと変わってくるはずです。

印象が良くなる

本を読んでいる人って、なんだか知的で頼もしいと思えてしまいますよね。博識、頼りがいがありそう、温厚そう…読書をする人のイメージというものは、こういったポジティブな印象であることが多いのです。

つまり、読書をしているだけで他人から見た自分の印象が良くなる効果を得られるというわけです!人からの印象はとても大切なもので、出来る限り良い印象を心掛けたいものですが、実際印象を良くしたいと思っても簡単に出来るものでもありませんよね。

読書は、本というアイテムを使った印象を良く出来る方法でもあるので、印象アップをしたい、人付き合いを上手くやっていきたい人は、印象アップのために読書をしてみるのもオススメですよ。

まとめ

読書の効果は、今回紹介した5つのものを見ただけでも魅力的なものばかりで、正直驚いてしまったという人も多いのではないでしょうか?読書は本を読み、楽しむだけのものと思われがちですが、楽しめるだけでなく様々なことを教えてくれて、なおかつ自分の魅力すらもアップさせてくれる魔法の道具だと言っても過言ではありません。

読書が好きな人は効果を知ればさらに楽しく本を読めると思いますし、読書が苦手だ…と感じた人も、読書の効果の中で魅力を感じ惹かれるものがあったならば、まずは自分が読みやすい本を探してみるところから読書をスタートさせていくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です